結婚する理由が残念になってきた

人は生まれたら、自分の子孫を残すために結婚して子どもを産む、これが今までの日本の主なスタイルだったと思います。

過去形で書くのはまだ早いですかね。でも今は、必ずしも結婚しなくても、子どもを産まなくてもいいようになりました。
私がちょっと残念だなと思うのは、人が結婚しないようになることではなく、結婚したいと思う理由が「自分の老後が心配だから」ということです。理想を言えば、結婚とは好きな人と一緒にいたいからするものでしょう。それが保身に周り、結婚とは自分の老後を介護してくれる誰かを得るためという意味合いが強くなってしまいました。なんだか妥協しているようで、ただ結婚したいという人にはあまり好感が持てません。好きな人ができて結婚するのではなく、結婚したいから好きなひとを作るというのは逆な気がします。こんなの、理想論だと言われればそれまでですが、本来あるべき姿だと思います。昔みたいにお見合い結婚が主流になっていくのかな。

函館出会い