意外な物でメタンガス発電が出来るそうです

意外な物でメタンガス発電が出来るそうなのです。
メタンガスというとフンなどから発生するちょっと臭そうなガスをイメージするかもしれません。

意外な物とは臭そうなものではなく、草なのです。
雑草からメタンガスを発生し発電をすることが出来るそうなのです。

雑草を刈り取り土に混ぜ、微生物発酵を行いバイオメタンガスというものを発生させる方法です。
そのガスで発電を行うというものです。

雑草ならその辺にたくさん生えています。
農地や牧草地、草地、どこでも雑草は生えています。
しかも、草刈をした後は雑草はゴミとなり廃棄されています。
そのゴミである雑草を利用できるのですから、ゴミからエネルギーを作るともいえます。
また、ゴミとなる雑草が減りますので、一石二鳥な方法なのではないでしょうか。
装置が大きくなければ導入する時のコストやば場所を問わなくなりますので、普及がしやすくなります。

導入がしやすくて、発電によって得られる電力が一定でかつ出力があれば農村などで使えるのではないでしょうか。
農村なら材料となる雑草がたくさんありますし、雑草の処理も出来ます。

ちょっとしたところにエネルギーの材料はあるものですね。
不要な物からエネルギーが出来るなんて、未来の技術だと思っていたものが身近になりつつあるのですね。

プロパンガスの会社変更☆節約ができるプランに乗り換え可能です